メインエリア

業績の推移

「当社の持てる最大のサービスを多くのお客様に提供し、信頼され愛される企業になる」をモットーに、専門商社としての商品供給責任を果たすべく「戦略的在庫」の拡充、顧客が抱える課題の問題解決に向けた積極的な提案活動、自動車関連を中心とした独自商材「クィック・クランパー」の拡販等収益の拡大に取り組んでまいりました。

以上の結果、2022年度の売上高は、14,762,779千円(前年同期は13,936,965千円)になり、収益力の向上により、営業利益185,884千円(前年同期は139,772千円)、経常利益214,805千円(前年同期は150,832千円)となりました。

2023年度におきましては、お客様への商品供給責任を果たすべく商品供給力の強化を行うとともに、地域に密着した営業展開、新たな需要の掘り起こし、成長市場でのビジネス拡大、TPS会員各社様との協業強化による独自商材「クィック・クランパー」拡販の取り組み等により、収益力の強化を図ってまいります。

また、デジタル戦略として、DXによる業務の効率化に努めるとともに、お客様への利便性の提供を目指した新たなサービスを構築してまいります。

人事面においては、従業員が安心して長く働ける環境づくりと、次世代を担う人材の育成に努めてまいります。

2018年度から2022年度の売上高と営業利益のグラフ。2018年度は売上高158憶1900万円、営業利益5億7500万円です。2019年度は売上高133憶8700万円、営業利益4600万円です。2020年度は売上高118憶8000万円、営業利益マイナス9800万円です。2021年度は売上高139憶3600万円、営業利益1憶3900万円です。2022年度は売上高147憶6200万円、営業利益1憶8500万円です。
TOPへ