メインエリア

業績の推移

2020年度は、「当社の持てる最大のサービスを多くのお客様に提供し、信頼され愛される企業になる」をモットーに、「地域密着」、「収益力の強化」、「提供力・貢献力の向上」、「新たな需要の掘り起こし」をテーマに取り組んでまいりましたが、コロナウイルス感染拡大防止対策による訪問営業の自粛、プライベートショーの中止等により、満足のいく営業活動が行えない状況となりました。

以上の結果、当期売上高は11,880百万円(前年同期は13,387百万円)となり、販管費の削減に努めましたが、営業損失98百万円となりました。

2021年度は、新たな需要の掘り起こしと、更なる業務効率の向上に取り組みにより、収益力の強化を図ってまいります。

2016年度から2020年度の売上高と営業利益のグラフ。2016年度は売上高123憶6200万円、営業利益7200万円。2017年度は売上高107億8300万円、営業利益1億5200万円。なお、2017年度は決算期変更による9か月の変則決算です。2018年度は売上高158憶1900万円、営業利益5億7500万円です。2019年度は売上高133憶8700万円、営業利益4600万円です。2020年度は売上高118憶8000万円、営業利益マイナス9800万円です。
TOPへ