メインエリア

先輩の声:[営業]加賀屋 将大

加賀屋 将大の写真

自分で考えて動いた分だけ結果が出る。自分がこういう風にやりたい、という思いを持つことで、それを実現するチャンスがある。

営業
東日本統括部 南関東支店 主任

加賀屋 将大

Yukihiro Kagaya

2011年入社

トークシステムはこんな会社です。

弊社では、会社として実現したい目的や成果のためにいろいろな部者の多くの人が関わって仕事をしています。社員全員が、各々の役割を果たすことによって運営されています。

私は営業職ですが、インターネットが普及した現代では、お客様自身で、必要な商品やサービスを調べ、比較・検討し、購入しやすい環境が整っています。そのため、単に商材をアピールするだけでは商材が売れなくなってきました。また、商社の営業は、多くの商品を仕入れて売ることができますが、商品を造ることはできないので、差別化という点でも厳しい状況におかれています。

しかし、お客様のニーズに合った商品を見つけ、提供することができたり、メーカーに情報を提供することで新商品が開発されたりする楽しみがあります。これがトークシステムの営業です。

トークシステムを選んだ理由

「商社の営業」の仕事をしてみたいという思いがありました。

知らない人と一緒にいても苦になりませんし、人と話すことや人に喜ばれるのが好きだったので、会社と会社の橋渡しするイメージがあった商社のトークシステムを選びました。

私の仕事とやりがい

自分で考えて動いた分だけ結果が出る。自分がこういう風にやりたい、という思いを持つことで、それを実現するチャンスがある。これが営業の一番の良さだと思います。

新たな顧客を開拓したとき、既存のお客様に新しい商品を売り込んでうまく売れたとき、お客様に感謝されたとき、いろいろな人とかかわりながら仕事ができることにも営業職の魅力・やりがいを感じます。

営業職は人によって向き不向きはありますが、誰にでも未経験でもできるすばらしい職種です。

営業で大事なこと

お客様は信頼している相手や企業から商品を購入されるので、営業マンは顧客との信頼関係を築くことが大切だと思います。それには、レスポンスをよくして、お客様のこと考え、聞き上手になり、集めた情報をもとに商品を提案することです。

営業は、経験を積めば積むほど、取引先と話すことに慣れてきますし、知識もついてきます。
そのため、行動力と持続性も大事だと思います。

学生へのメッセージ

最近は、営業職への希望者が少なく、人気が低い職種になっているようですが、営業の可能性は無限大です。私はそんな営業という職種にやりがいを感じています。
自分のやりたいこと、何をしたいのかをはっきりさせておくことがよいと思います。

この会社でがんばりたいと決意できる会社を選んでください。

TOPへ